離婚率について解説します。奈良の探偵、興信所

探偵-会社概要 メールでのお問い合わせ
離婚率

離婚数や離婚理由など、離婚に関して気になる様々なデータをご紹介します。


まずは離婚数。

婚姻数は年によって増えたり減ったりしているのに比べ、離婚率は戦後から年々増える一方にあります。現在では婚姻数と離婚数を比べると、カップル3組につき1組は離婚していることになってしまうのです。また、昔は結婚5年以内の離婚が一番多かったのですが、近年目立って増加しているのが結婚後20年以降に離婚する、いわゆる熟年離婚と呼ばれる離婚です。

次に離婚理由ですが、トップは性格の不一致がダントツで多く全体の半分から3分の1を占めています。それに続いて異性関係、浪費癖、暴力などが挙げられます。男性と女性では理由の順位が少々変わってきますが、性格の不一致がダントツで一番なのは同じです。

また、離婚後の悩みで一番多いのが
やはり経済的な問題です。女性には特にこの悩みが多く、対して男性は家事のことで悩まれる方が多いです。また、男性にも女性にも共通して多い悩みが子供のことです。これらの心配事からのトラブルを避けるためにはやはり予めきちんとした取り決めを行うことが大切です。きちんとした文書まで残すような取り決めを行ったか行っていないかで、離婚後の生活が
かなり変わってくることも統計的に証明されています。


Copyright(c) 赤井探偵事務所-奈良  All Rights Reserved.