奈良の探偵、興信所-離婚調停

探偵-会社概要 メールでのお問い合わせ
調停離婚

一口に離婚と言っても、様々な種類の離婚があります。
その中でも特に注意が必要なのは「調停離婚」と言われています。


調停離婚とは、簡単に言えば調停を申したてて行われる離婚のことです。
離婚の際に、夫婦だけで話し合いがまとまらない場合、
家庭裁判所という第三者に関わってもらって、
夫婦間の意見調整をスムーズにするための「調停」を行うことになります。
ここで合意すれば「調停調書」が作成され、この謄本を添えて離婚届を提出することになります。
この流れによって成立する離婚が「調停離婚」になります。


調停の際には、家庭裁判所に置いてある
夫婦関係調停申立書(無料)と、戸籍謄本の提出が必要になります。申立費用は裁判所によって若干異なりますが、
収入印紙代900円と切手代800円程度、あとは戸籍謄本の取得費用だけですので、いくら話し合いを重ねても話にならない、という方は、一度 離婚調停を行われることをお勧め致します。

ただし、調停が成立しないケースも存在します。
調停は通常、約半年のあいだに5〜6回おこなわれますが、
いつまでも合意にいたらない場合は調停不成立となります。
また、調停を申し立てられた相手がどうしても期日に出頭してこない場合には調停不成立となります。この他、離婚そのものについては調停で合意ができたけれども、慰謝料や親権について合意ができなかった、という場合にも調停不成立となります
もしもこのような事態に陥って調停が不成立になったら
地方裁判所へ提訴して、裁判で争うことになります。

これらの点には注意して調停に持ち込みましょう。


当離婚相談室では、このような調停離婚に関しての質問にお答えする他、離婚に関する様々な問題についての相談を受けつけていますので、まずはお電話やFAX、メールでお問い合わせ下さい。

また、このような調停に持ち込む際に相手の不貞行為の証拠を
予め用意しておくと、調停を有利に進めることが出来ます。
そのような証拠を手に入れる際には、
当社が併設しております探偵社にも是非ご相談下さい。

≫離婚調停専門ページへ

離婚の種類 協議離婚
裁判離婚

Copyright(c) 赤井探偵事務所-奈良  All Rights Reserved.